ブログトップ
 
玉木文之進について[記事コピー]

松陰先生の甥にして後嗣・吉田庫三翁「祖先・家庭及び就任以前の事蹟」(大正三年八月四日談話。學習院輔仁會篇『乃木院長記念録』大正三年十月・三光堂刊に所引)に曰く、「

 先生(明倫館代教・松下村塾主・韓峰玉木文之進正□[韓の右+温の右]翁――吉田松陰先生・乃木大將の師なり。性、剛直峻嚴、勤儉力行、人に過ぎ、節義を尚び、清廉を重んず)は、‥‥維新後、西洋の學問・風習を眞似ることが餘り盛んなので、大いに反對し、廢刀令が出た時には、大いに之を歎き、又た散髮にも大反對で、一生結髮で通した樣に、或る點から見れば、時勢後れと云ふやうな所もありましたから、前原が萩へ歸つて來てからは、共に時勢を慨し、政府の爲す所を非難したものでありますが、前原が兵を擧げると云ふなどは、無論、先生の同意したことでは無い。‥‥前原自身とても、始めから兵を擧げる考は無かつたので、其の遂に兵亂に及んだのは、全く止むを得ざるに出たもので、是には大變に入組んだ事情がありますが‥‥。今日でも只だ形の上から見れば、先生が前原の事件の顧問であつたと、書傳へたものもある位で、其の當時は非常に嫌疑を受けたものでありました。從つて自分は必ず重罰を蒙ことるであらう、それでは多年勤王を唱へ來た身の汚れになると云ふのが、先生の自殺した一理由であります。‥‥更に深い理由があつて、‥‥(門人)十五歳以上の者は、殆んど擧つて前原に與みしたのみならず、養子正誼(玉木眞人正誼。乃木大將の弟)はもとより、吉田小太郎[松陰の甥で、非凡な秀才](松陰先生の後嗣)、今一人、杉(松陰先生の兄・學圃杉民治修道翁)の養子・相次郎も與した。小太郎は暗夜に乘じ、官軍に斬込み戰死した。玉木先生は、正誼や小太郎やその他の者の親達に對しても、生きては居られない。‥‥賊名を受けさせた門人等の賊名を受けた責任と、死んだ者の父兄親戚に對して義理を立てると云ふことが、先生の自殺した最も重い理由で、義を重んずる精神から出て來た事であります(愚案、然るに安藤靜宇翁『靜宇雜纂』・『前原一誠年譜』等に據れば、玉木翁門人や古老は、玉木翁こそ、前原の後援者なれと、斷言すと云へり)。‥‥

 十一月六日、前原方潰走の日、先生は朝早く、護國山南の一族の墓地へ行きましたから、私の母[即ち松陰の妹]が、其の事を聞き、跡追ひかけて行つて見ますと、長兄(松陰先生の父・恬齋杉百合之助常道翁)の墓上の松林の中に端坐して、既に決死の樣子ですから、其の譯を問ひました所が、「是非、死なねばならぬ」と云つて、前に申した通りの理由を述べ、更に先生の妹・佐々木氏も呼び寄せて、殘りなく後事を遺言し、「能く我が最期を見屆けて呉れ。嫁の腹に居る孫も、宜しく頼む。乃木(大將)と杉にも、宜しく傳言せよ。門人の家々にも、善く傳へて呉れ」と言つて、午後三時頃、先づ腹を切り、次に咽喉を貫いて、型の如く立派に死なれました。‥‥

 玉木に對し、宮内省で贈位の内議があつた時、係官の意見が分れた。贊成側のある人から私に、「乃木大將を煩はして、手紙一通を反對側の某氏へやつてもらへば、議が成立するに極つてゐる」との話で、私は大將へ委しく申し送つたが、應ぜられなかつた。それ以前にも、贈位の話があつたが、贊成されなかつた。(玉木韓峰翁の)高風を追慕し、毎年祭祀までしながら、贈位に贊成されなかつたのは、深い意見があるのであらう」と(愚案、吉田庫三翁の談話には、大將の意見を載せてあるが、それ以外に深い理由があると拜され得る)。



 愚案、官賊の別は章かであるが、贈位と官祭の分は、非常に難しき問題にして、聖恩、枯骨に及び、神社に祀られるに至るは、蓋し神祕の奧に屬する事項なのであらう。言擧げ出來ぬこともなからうが、次々と問題が出來して、凡俗の容易に云々するを許さない。「私見を去り、公義を採り」、「兆民をして、悉く其の堵に安んぜしむるは、曠古の大業」なる所以、隱れて現れざる古人の顯彰に力め、其の志、其の祈りに應ずるは、今人の任務であること、勿論である。下記を再掲し、併せて各位の研鑽に供したい。

**********
[PR]
# by agnestokiostudio | 2013-11-02 06:20 | 家族史
最近のつぶやき10月26日~28日

①「八重の桜」でいよいよ大好きな大山巌と山川捨松の結婚のいきさつが取り上げられていました。兄の健次郎が捨松に「日本では率直にものを言ったらいけないんだ」というような話をしていて、あんまり時代が変わっていないなと思いました。
ずっと、言いたいことを我慢して20歳くらいまで育って、それから意見をしっかり言った方が良いという時代になり、職場できちんと物を言えないと仕事がこなせなくなり、生来持っている性格からか、はっきりものを言うようになったら、これが案外うまくいくときと反発されるときがあります。

上手に物事をまとめていくためには話す足し算引き算ができないとダメなんですよね。交渉術はどんな立場の人にとっても必要です。

②ところで、お祭りの境内の中で、知り合いが多いのに、同行の方に驚かれました。FB友達が多かった。そして、私自身も本当に驚いたのは、四ツ谷三丁目の行きつけの小料理屋のおじさんが、境内歩いていたこと、これには本当にびっくり。多分近所に住んでいるんだ。

③私にとっては遠い親戚と思っていた人たちが、とても気持ちよく受け入れてくれました。私のことも良く知っていた。喉がカラカラになるまで話をして、似たような価値観や考え方を共有していることに驚く。近い親戚とはものすごく遠いのに、ちょっと遠いのに感覚が近いのは育った環境がもっと似ているせい? そして語り継がれてきたちょっとしたうちあけ話も、暗号のようにお互いに知っていたりする。血縁というのは不思議。実は代々、女系の方が続いている私の親戚たち。

More
[PR]
# by agnestokiostudio | 2013-10-30 06:01 | 家族史
最近のつぶやき10月29日

①私の好きな物、大体が完全文系。

(昔)映画鑑賞、絵画鑑賞、骨董品鑑賞、食器収集、銀器、お絵かき、編み物、刺繍、旅行(主に海外、または京都)、読書(主に世界史、特にイタリア、フランス)、ヨット、国際政治、食べ歩き⇒その後フランス語、イタリア語、住宅ローンの繰り上げ返済表を見ること、貯金、
(今)SNS、作文、料理、食材探し、調味料、ワイン、お酒、絵画鑑賞、映画鑑賞、読書(主に幕末史、明治以前の日本人の考え方)、旅行(主に国内)、老後の心配

生きるための技術(でも嫌いだった)
英語でのコミュニケーション、法律、金融の専門知識、こつこつと毎日同じことをすること

嫌いな事、
掃除、運動

②司馬遼太郎氏のおかげで、幕末から明治にかけての知識を得たが、やはりフィクションが多いから、見方にバイアスがかかる。最近半藤さんや加藤陽子さんなどが書くものを読んで、もう少し客観的な見方がでてきて嬉しい。

周囲の人たちは、私がカトリックに入信しているから、親族の集まりに顔を出さないと思っていたようだ。また一匹オオカミで、他を寄せ付けないというイメージも持っていたみたい。

それは体裁を重んじる伯父の方便だったのかもしれない。

カトリックになったのは父親で、私は自動的に幼児洗礼を受けたために、どうしてもそれが考え方の規範になっているが、確たる信仰心があるというよりも、なんとなく。日本人としてのアイデンティティがはっきりあるから君が代は当然歌う。

戦後、日本の右傾化が戦争を推進したとして、教科書から近代史に関わる維新~第二次世界大戦までの歴史で封印されたものが多くある。神道ってなんなの?というくらい影響を受けていない。

ただ、身内から思想犯のように排斥された怒りが、全てのものを拒絶する原因になったのだと思う。情熱的な性格だが、自分の中に盲信するものはなく心は自由だ

More
[PR]
# by agnestokiostudio | 2013-10-30 05:56 | 家族史
蛤ご門の変

縁あって、迷った挙句、靖国神社での慰霊祭に参加する機会をえた。
最近読んだ幕末史での蛤御門の変も気持ちとしては複雑。開国、攘夷、佐幕、朝敵、内乱、陰謀説。エッセンスがぎっしりとつまった節目のクーデターだった。
甲子殉難御祭はずっと続いているそうだ。喧伝されている靖国神社問題もさることながら、神社庁の人事では、現宮司は徳川慶喜の玄孫にあたる徳川さん、その前が京極氏、南部氏と諸藩の大名家出身が神主をつとめた。徳川宮司の「荒ぶる御霊が安寧するようにお守りしてます」とおっしゃった言葉が強く印象に残った。もう150年前の話です。
[PR]
# by agnestokiostudio | 2013-06-21 10:36 | History
幕末史

半藤一利「幕末史」読了。疑問に思っていた事実関係がすっきり明快。
それにしても昔から「なぜ??」と思ってたことが理解できた。
私、考え方は現実的で合理主義者だが、性格は情熱的感情派。
それぞれの悔しい気持ちもよくわかるが、性格からくる個々人の状況判断が最期は分かれ目になる。勝さんはよく頑張ったと思う。岩倉さんも好きになれないけど大したものだ。

時代が封建制から一気に近代社会にいくよう無理無理で押し通したら理不尽なことも沢山おきる。そして権力を握った途端、その権力者の都合で大勢が動くのは当然なことだ。
明治に入って10年で、西郷、木戸、大久保が没し、ついに日本は違う局面に入っていく。歴史というのは都合よく、その役にあった人が現れてくるけれど、その闇に消えていった人や、その時活躍してもすでに忘れられた人もいる。

More
[PR]
# by agnestokiostudio | 2013-06-21 10:22 | History
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧